人気ブログランキング |

お祭りどんどこ♪

b0159571_1133564.jpg

さてさて、東北の短い夏を彩る、夏祭りの時期となりましたよ!

毎年書いておりますが・・・
青森といえば「ねぶた」に押され気味ですが(というか知名度では完全に敗北)

八戸といえば

三社大祭(さんしゃたいさい)

なのでありますね!
以下たんす屋八戸店における(個人的な)三社大祭のススメ。

日程といたしましては
7/31前夜祭 18:00~21:00中心街~市庁前広場
山車は動きませんので、見る人が移動しましょう。
八戸って24万人都市だったよね・・・と思い出せるくらい人が来ます。
尚、大変申し訳ございませんが、店内への飲食物、ペットのお持込はお断りいたしますです・・・。


8/1お通り 15:00~ 出発市庁前(内丸)
山車が市庁前から吹き上げ方面に練り歩きます。
朝まから、地面さぺたぺたシートをガムテープ貼って座って場所取りしてる、ばさまやじさまが居ますけど、熱中症には十分お気をつけ下さい。そしてきちんとガムテープは剥がしていってくださいね~!
当店前は絶好の観覧スポットとなっております★
お通りの日は割りと早めに山車が通ります。十三日町の交差点(辻)で山車は大きく大きくそして高く広がります!煙とか閃光が瞬きます。子供ははしゃぐか、泣いて叫ぶかのどちらかです。
27台、紅白歌合戦の小林幸子状態です。凄いですよ。

おっと、(本当は)メインは実は神社の行列でした・・・。
辻で行われる獅子頭の一斉歯打ち(大きいのから小さいのまで20体くらいいるのかな?)は圧巻です。そしてあの愛らしい獅子頭にはみはみされて、厄落としをしてください。
※お子様はダッシュで逃げたり泣き叫んで暴れますので、きちんと羽交い絞めにして、生贄のように差し出すのがポイントです。忘れられない素敵なトラウマになります。

さらに虎舞もダッシュでやってきます。これも大きいのからちんまいのまで出目金のようなギョロメで向かってきます。こちらもお子様を生贄に突き出しましょう。胆のすわったお子様だと「中におじちゃんがいたよー」というコメントをいただけるかもしれません。将来が楽しみです。


よく、期間が近いのでねぶた、ねぷたと比べられる方がおられますが、
これはまったく違うタイプのお祭りなんですよね。
もともと八戸のお祭りは秋祭りですのでまったりしたお囃子になります。引き子もはねません・・・。


ねぶた、ねぷたは・・・ワタシの歪曲した認識では
五所川原立ちねぶた→「やってまーれやってまーれ」の掛け声ですので攻撃型
弘前ねぷた→扇形なので防御型
青森のねぶた→勝ち鬨

というような話を聞いたような聞かないような。



話戻ります。
今年は2日の夜の合同運行は行わず、4日の後夜祭に合同運行を行うそうで・・・。
3日の日「お還り」は当店のまえは山車は通過しません。

今年はカメラのバッテリーがあがることなく、カメラに収められたらいいなーなんて思ったり思わなかったり。

まだまだ見所はあるので次回に続く!
by 8-nohe | 2010-07-29 11:41 | Comments(0)